2018/03/31

【海外の反応】アーノルド・シュワルツェネガーが開胸手術を受ける

<ニュース要約>
・前カリフォルニア州知事で俳優のアーノルド・シュワルツネガーさん(70)が、老化した肺動脈弁を取り替えるため開胸手術を受けた

・代理人によると、手術は成功で、アーノルドさんの容態は安定している

・アーノルドさんは先天性心疾患を患っており、1997年に肺動脈弁を入れ替える手術を受けていた

・肺動脈弁の耐用年数は10-15年

・新たに用いられたのは侵襲性の低いカテーテル弁置換術

・アーノルドさんが目覚めて最初にした言葉は"I'm back"(戻ってきた)


2018/03/30

【海外の反応】ドイツの出生率が移民の流入で1973年以来の高水準に

<ニュース要約>
・ドイツ連邦統計局によると、ドイツの2016年の出生数は、前年から7%増え、79万2131人となった

・2015年から2016年にかけて、中東や北アフリカで戦争の被害を受けた国から100万人以上の難民がドイツに逃れてきた

・2015年までドイツは欧州のほとんどの国より出生率が低かった

・この移民の流入により、出生率は前年の1.5から1.59に増加し、1973年以来の高水準となる

・出産したドイツ人女性の中で、最も割合が高いのは30歳から37歳までのグループで、これは伝統的に子供を生む世代

2018/03/29

【海外の反応】ノーベル平和賞を受賞した女性が襲撃後に初めてパキスタンを訪問

<ニュース要約>
・3月29日、ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさん(20)がイスラム武装勢力に襲撃されて以来、はじめて母国パキスタンを訪れた

・マララさんは2012年、スクールバスに乗っていたところを、「パキスタンのタリバン運動(TIP)」の戦闘員に頭部を撃たれる

・軍病院で治療を受けた後、イギリスのバーミンガムに移送され、家族とともに暮らす

・襲撃を企て終身刑を受けた10人のうち8人は、のちに無罪判決を受ける

・マララさんは4日間の滞在予定で、アバシ首相らと面会し、女性の教育の充実を訴える

・マララさんは11歳から、タリバン支配下の生活や女性教育の重要性をインターネットのブログで訴えていた

2018/03/28

【海外の反応】金正恩が北京で習近平と会談し、非核化を表明

<ニュース要約>
・北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が3月25~28日に中国を非公式で訪問し、北京で習近平国家主席と会談した

・これは金氏が2011年12月に最高指導者に就任してから、初の外国訪問となる

・4月に韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と、5月にトランプ大統領との会談が予定されており、今回はその前に中朝関係の修復を図る狙いがあるとみられる

・金委員長は「米韓が友好的に平和実現のために、段階的に共同歩調を取るならば、非核化問題を解決できる」と表明

・金氏と習主席はともに、中朝の歴史的友好関係を確認しあった

・北朝鮮の朝鮮中央通信は非核化については言及しておらず、中国国営新華社通信は、この会談を「実りある会談」と表現した


2018/03/27

【海外の反応】欧米各国がロシア外交官100人を追放

<ニュース要約>
・3月上旬に英国で元ロシア情報局のセルゲイ・スクリパリ氏とその娘が神経剤で襲撃された事件にロシアが関与したとして、各国はロシア外交官の追放を決めた

・EU各国からは33人、米国は60人、ウクライナは13人の露外交官の追放を決定

・英国は既に23人の露外交官を追放しており、ロシアは対抗として23人の英外交官を追放している

・米国は、露外交官らが国内で諜報活動に関わったと主張している


2018/03/25

【海外の反応】iPhoneを持っていた黒人男性が警官に武器の所持と誤認され射殺される

<ニュース要約>
・3月18日、カリフォルニア州サクラメントでiPhoneを持っていた黒人男性が、警官に武器を所持していると誤認され射殺された

・男が車の窓ガラスを割っているとの通報を受けた警察は、容疑者と特徴が似ていたステフォン・クラークさん(22)を追跡

・警官らはクラークさんが住んでいた祖父母の家の庭に逃げ込んだところで、クラークさんに20発を発砲

・警察は「警官らはクラークさんが武器を警察に向けていると信じていた」と発表

・その後の捜索で見つかったのは武器ではなく、携帯電話だった


2018/03/24

【海外の反応】トランプ大統領が中国製品に600億ドルの関税を課す

<ニュース要約>
・3月22日、ドナルド・トランプ大統領は、中国からの輸入製品に対し25%の関税を課す大統領令に署名した

・対象品目は最大600億ドル(6兆3000億円)規模に達する可能性がある

・中国による米国製品の知的財産侵害に対する制裁と見られる

・また対米投資の制限などの追加措置の可能性もある

・これに対し中国政府は「我々は必要とされる報復措置を用意がある。いかなる貿易戦争にも最後まで戦う」と述べる

・23日には、安全保障上の脅威に対抗する通商拡大法232条に基づき、各国に対し鉄鋼製品に25%、アルミ製品に10%の関税適用を開始した

・関税の適用が除外される国はEU、カナダ、メキシコ、韓国など。

・日本は除外対象に入っておらず、新たな関税率が適応される

・米通商代表部(USTR)は、適切な時期に日本との自由貿易協定(FTÀ)交渉を望んでいる


2018/03/21

【アニメの感想】リトアニア人「好きなアニメは?」

リトアニア人
僕は俺ガイルが好き

オランダ人
key作品

フィンランド人
サムライチャンプルー

  ルーマニア人
  ベリーグッドな投稿だ

2018/03/20

【海外の反応】プーチン圧倒的勝利!【ロシア大統領選挙】

<ニュース要約>
・3月18日、ロシア大統領選挙で現職のプーチン大統領が78%の得票率を得て再選

・今回の選挙はプーチンを含め、8人が立候補

・2位はロシア共産党のグルジニンで得票率12%、極右・自民党のジリノフスキー党首は6%、リベラル派の女性タレント、サプチャクは1%の得票率を得る

・4期目となったプーチンの任期は2024年まで

・反対派は投票に不正があったと訴える


2018/03/18

【慰安婦問題】慰安婦は高給取りだったのか?

先日、ネットで『元慰安婦の文玉珠(ムン・オクチュ)さんが高給取りだった』という記事が話題になっていました。(何度目よ?って感じですが…)

サンフランシスコ大のサラ・ソー 教授の著書The Comfort Womenから、彼女の証言の一部を紹介します。

引用元
グーグル・ブックス
http://scholarsinenglish.blogspot.com/

【慰安婦問題】慰安婦の証言は信用できるか?<part2>

引き続き、サンフランシスコ州立大学のサラ・ソー教授の著書"The Comfort Women"から引用してみます。

2018/03/17

【慰安婦問題】慰安婦の証言は信用できるか?<part1>

元慰安婦とされる人たちの証言は信用できるか?

サンフランシスコ州立大学のサラ・ソー教授の著書"The Comfort Women"から引用してみます。

引用元:
グーグル・ブックス 
http://scholarsinenglish.blogspot.com/

2018/03/13

【海外の反応】心理学者「銃乱射犯の8割が暴力的なゲームに興味を持っていなかった」

<ニュース要約>
・心理学者のパトリック・マルキーによると、銃乱射を行った者の8割が暴力的なビデオゲームには興味を持っていなかった

・彼によると「これらのゲームが実際に影響を及ぼすことを証明できる科学的なデータはない」

・対する批評家は、コール・オブ・デューティーにレミントン社のアサルトライフルのような特定の武器が描かれていることを指摘している

・2012年に16人の子供が犠牲になったアダム・ランザの銃乱射事件は、会社側が責任を負っていると、犠牲者の両親は訴える

・トランプ大統領は「暴力的なゲームは銃乱射事件の原因になるかもしれない」と述べている

・業界を代表するあるソフトウェア会社は、「ゲームと暴力に関係性がないことを示すたくさんの科学的なデータがある」と主張している

・パトリック・マルキーの研究では、実際に新しいゲームがリリースされる時、犯罪率は落ちている


2018/03/11

【慰安婦問題】米軍による朝鮮人捕虜の尋問調書

紹介する資料は、アジア女性基金の資料委員会が米国公文書館で発見し、その後『所在不明』になり、数年前に毎日新聞により発見されたものです。

この調書は、太平洋戦争末期に日本軍と行動を共にしていた民間の朝鮮人の軍属が、米軍の尋問に答えたものです。

今回は、慰安婦についての記述のみ紹介します。

2018/03/08

【海外の反応】ノーベル平和賞を受賞した女性がトランプ大統領を批判

<ニュース要約>
ノーベル平和賞を受賞したパキスタンの人権活動家マララ・ユスフザイさん(20)が、ダボスの世界経済フォーラムで、世界各地で広がるセクハラ告発に関し、次のことを述べた。

「トランプ大統領のような高位にいる人が女性を口撃したり、平等に扱わないことに失望している」

「女性は立ち上がって、反対の声を上げてほしいと思う」

「このような恥ずべきことを行う人は、自分の娘や家族に対して同じことが許せるのか考えて欲しい」

ホワイトハウス報道官サラ・サンダースは「告発する女性は皆、嘘を付いている」と述べている。

2018/03/07

【海外の反応】トランプ政権で黒人の失業率が悪化

<ニュース要約>
・ トランプ大統領が、「1972年以来の低水準まで下げた」と誇ったはずの黒人の失業率が1%増加した

・労働統計局によると、昨年12月は6.8%、最新の数字は7.7%

・全体の失業率は、4月連続で4.1%、1月は20万人の雇用増加

・トランプ大統領は「アメリカ経済は、この数十年の中で最も良い状態にある。クライスラーなど、雇用はかつてないほどアメリカに戻ってきている」

・専門家によると「黒人の失業率の増減はトランプの経済政策と関係がない、失業率は2000年3月以来下がり続けている」

・ アメリカ人の給料は8年ぶりに速いペースで増加している


2018/03/06

【海外の反応】平昌(ピョンチャン)のレストランが政府の要請を無視して犬肉料理を提供【韓国】

<ニュース要約>
・平昌のほとんどの犬食レストランが、「オリンピックの期間中は犬肉を使用しないように」との政府の呼びかけを無視

・店の経営者達は生活が脅かされると訴える

・いくつかの店では、最初は豚肉を売っていたが売上が落ち、犬食に戻る

・犬は夏の珍味として、年間100万匹が消費される、健康増進効果があると信じられている

・ 活動家達は、オリンピックボイコットを呼びかける嘆願書や抗議活動を始めた

・ 市場では、2ヶ月の子犬が食用として9ドル20セントで売られている

・ 若者は犬を家畜でなく、ペットとしての受け入れるようになり、このような伝統は廃れてきている

2018/03/04

【海外の反応】イラクが3兆円の支援を受けるも「足りないんだけど…」

<ニュース要約>
・かつてイスラム国との戦いで3分の1の領土を奪われたイラクの経済とインフラの復興のために、各国がクエートに集まり、国際会議を開いた

・各国の機関や投資家は、投融資を通じて300億ドル(3兆2100億円)の支援を決定

・ジャファリ外相は会見で、「必要とされる882億ドルには足りないが、望むものすべてを手に入れることはできないことも知っている」

・米国と国連は「イラクの復興の失敗や経済・社会問題は、宗派間の争いと政治的空白をもたらし、イスラム国の利益につながる」

・アメリカは30億ドルまで与信の拡大を発表したが、政府の直接の支援はしておらず、湾岸諸国に負担を求めている

・サウジアラビアは基金から10億ドル、輸出信用枠から5億ドル拠出の予定

・クエートは10億ドルの融資と1億ドルの投資を行う

・カタールは10億ドルの投融資、アラブ首長国連邦は5億ドルに加え、民間セクターに55億ドルを約束

・ トルコは50億ドルの与信

2018/03/03

【海外の反応】社会心理学者「保守的な人はリベラルの人よりも容姿が魅力的」

<ニュース要約>
・サスケハナ大のロルフ・ピーターソン教授とイリノイ大のカール・パルマー教授によると、容姿の美しい人ほど保守的な政治思想を持つ傾向がある

・外見の良いアメリカ人ほどは、その容姿の魅力のおかげで信用や賞賛を受けることができる

・ その魅力とハロー効果によって、他者に大きな影響を与える

・ 彼らは社会的・経済的地位のため、より良い政治的効率性を求め、保守的な共和党支持者となる

・彼らの研究結果は先月、The Politics and Life Sciences journalに掲載された

2018/03/01

【海外の反応】サウジ政府が腐敗撲滅として1000億ドルを没収

<ニュース要約>
・サウジアラビア司法長官によると、腐敗弾圧で拘束された企業家や役人との和解を通じて、1000億ドル以上を回収することを決めた

・これは、腐敗粛清を進めていたモハメド・ビン・サルマン皇太子の政治的勝利を意味する

・和解には、王座の候補者であったミテブ・ビン・アブドゥラ皇太子による10億ドル以上の支払いがあることから、粛清には政治的な動機があるかもしれない

・政府は回収した資金の一部を社会給付に使うとしているため、モハメド皇太子はサウジ市民の間には広く受け入れられている。