2018/09/13

【海外の反応】学校でホロコースト(ユダヤ人大虐殺)について学んだ?

カナダの名無しさん
学校でホロコーストについて学ばされた?






















スウェーデンの名無しさん
記憶にはないな
ほんの少しか、全く学ばなかったかのどちらかだね
でもイスラム教やイスラム教徒について学んだのを覚えてるよ

ラトビアの名無しさん
ノー
でも家で調べたよ

  ロシアの名無しさん
  これだね
  僕はナチスの戦争犯罪や731部隊について本を読んだよ

  ラトビアの名無しさん
  9年生と12年生の時に、歴史の授業をちゃんと受けなかったろ?
  僕は第2次世界大戦について授業で2度も学んだよ
  特に誇張されたものではなく、強制収容所や自国の協力者について、一コマか二コマの授業があった程度だけどね

ドイツの名無しさん
歴史の授業で少しやったかな
でも一度、生存者を学校に招いて、収容所での経験について語ってもらったことがある

  アメリカの名無しさん
  >歴史の授業で少しやったかな
  ジョークだよね??

アルゼンチンの名無しさん
もちろん学んだよ
6000000000000000人のユダヤ人が殺されたんだ
このことは絶対に忘れないよ

チェコの名無しさん
ノーだよ
チェコでは、1930年代以降の歴史まで行かずに学期が終わってしまうんだ

  アメリカの名無しさん
  米国では必ずベトナム戦争までやるよ
  どう見ても、世界的にも米国の歴史でも特別なことが起こっていないのにね

日本の名無しさん
日本の学生が教えられるのは、たいてい明治維新までだね
それ以降のことは教えられていない
でも日本ではハリウッド映画が公開されるから、ほとんどの日本人はホロコーストについて知っているよ

メキシコの名無しさん
第2次世界大戦については詳細に学ぶけど、ホロコーストは注釈で説明される程度だね

アメリカの名無しさん
僕の祖国のチリでは、高校や大学でホロコーストについて語られることはなかったよ
でも今、超自由主義国家の米国で高校の教師をやっているけど、毎年一学期の半分近くをホロコーストに費やさなくてはいけない
一体どうなってんだよ?米国は

  ラトビアの名無しさん
  君は誇張しているか、嘘を付いているだろ?

  アメリカの名無しさん
  いや、彼は嘘をついていないよ
  僕の姉妹は7年生の時に3ヶ月もホロコーストについて学んだよ

アメリカの名無しさん
高校の時に文学史の授業で学んだよ
あとエリ・ヴィーゼルの『夜』を読まされたね





















イアリアの名無しさん
イエスだよ
僕の教師は特にホロコーストにこだわっていたね
彼は生徒にホロコーストの生存者に会わせたり、アウシュビッツやラーフェンスブリュック収容所に見学に行かせていた

日本の名無しさん
教師は反日団体の人間だから、何度も繰り返し731部隊について講演を行っているよ




















ドイツの名無しさん
第2次世界大戦の感傷として語られる程度かな
学校では収容所に見学に行ったり、カトリックの堅信礼では生存者に話を聞いたりしたよ

マレーシアの名無しさん
ノー
僕の祖先は日本軍に死の鉄道(泰緬鉄道)を建設させられたり、食用にキャッサバの樹皮を茹でたりと忙しかったんだ
















ブラジルの名無しさん
そう言われるとあまり教えられていないね
”ナチスがユダヤ人をホロコーストで殺しました”
これだけだね

スペインの名無しさん
クラスメイトが亡くなったユダヤ人について中二病的なジョークを言っていたけど、教師は気にもしなかったよ

フィンランドの名無しさん
ノーだよ
フィンランドはフランス革命ばかり教えているよ

アメリカの名無しさん
第2次世界大戦を学んで少し尺ができたら、やる程度かな
ニュルンベルク裁判やイスラエル建国について学んでも意味が無いよ

アメリカの名無しさん
4年生から被害者の経験したことについてたくさん学ぶよ
国語の授業では、読書を通してさらに学ぶ
でもヨーロッパの人達、特にドイツの人達が少ししか学ばないなんて、ちょっとショックだよ

リトアニアの名無しさん
学ぶよ
でも僕らはZ世代(1990年台後半から2000年代前半生まれの世代)だから、ナショナリストの敬礼をしたり、600兆人の数字に爆笑したりしていたよ
教師と挨拶する時はヒトラーの敬礼をしていたね

ネパールの名無しさん
ノー
学ばなかったよ
ホロコーストについてはネットで知ったんだ
学校では2つの世界大戦について学んだだけだ

アメリカの名無しさん
何度も学んだよ
国語の授業で『夜』を読んだりもした
後にこの本はでっち上げだとわかったんだが…

ウルグアイの名無しさん
学んだけど、少しだけだね
学校では第2次世界大戦のナチス関係はあまり教えられないんだ
もうみんな既に知っていることだからね
それよりも冷戦が関心の的になる

  オーストリアの名無しさん
  こっちも同じだよ
  大学に入学する前の12年生の歴史の授業では、1880年から1945年までのロシアの歴史と、冷戦ばかり学ぶ
  他にやった歴史は、1880年から1945年までの米国史と、1918年から1939年までのドイツ史だ

クロアチアの名無しさん
イエスだよ
小学生の頃、頭のおかしいパルチザンの婆さんにユダヤ人の髪の毛で作られたカーペットだの、石鹸だのいろんなことを聞かされたよ

カナダの名無しさん
少しだけだね
アンネの日記を読まされた後に、教師がヒトラーをパレードで目撃したと主張するお婆さんを連れてきたよ

ドイツの名無しさん
ホロコーストとナチス・ドイツ全般について、何度も学ばされたよ
強制収容所には3カ所も見学に行った

  アメリカの名無しさん
  他のドイツ人のコメントは釣りなの?

  ドイツの名無しさん
  おそらくね
  僕の場合は、学生時代を通して何度も徹底的に教えられたよ

インドの名無しさん
教科書でホロコーストという言葉が使われていたかさえ思い出せない
でも家庭教師に飢えたユダヤ人が収容所でひしめき合っていたと教えられたよ

ノルウェーの名無しさん
広範囲にわたって教えられたよ
僕らは修学旅行でいくつもの強制収容所に行かされたよ

アメリカの名無しさん
小学生の時に1年間と、7年生から12年生まで毎年教えられたよ
本当に起こったことなら、なぜ毎年新しい教科書で何度も同じことを学ばされるんだろうか
おかしな話だよ
まるで学校が何か大きな目的のために必死になって子供の頭に”600万人の犠牲者”を埋め込もうとしているみたいだ


















スウェーデンの名無しさん
イエス
学校に生存者だという背の低いのユダヤ人がやってきたよ
その頃、僕らはコール・オブ・デューティーに夢中で、ナチスの将校の髪型をしていたんだ
ユダヤ人の彼を見たら爆笑して、ジョークを飛ばしてやったんだ
そうしたら担任と校長に親に連絡されたよ

  ドイツの名無しさん
  荒ぶりすぎ
  でもさすがスウェーデンだ

イアリアの名無しさん
中高で学んだけど、特別なものではなかったね
中学では”シンドラーのリスト”や”ライフ・イズ・ビューティフル”も見せられたよ
確か教師はユダヤ人だったと思う

ロシアの名無しさん
僕の歴史の先生はいつも600万人の数字は嘘くさいと言っていたよ

デンマークの名無しさん
第2次世界大戦については学んだけど、ホロコーストはやらなかったね
おそらく教師は、ホロコーストのような歴史の暗く、陰惨な側面は、生徒がインターネットで学べるとわかっているんかないかな

ロシアの名無しさん
ドイツ人は絶対にヘレロ・ナマクア虐殺について教えない
”ドイツ人は善、ヒトラーは悪”というストーリーが崩れてしまうからね

フランスの名無しさん
中学最後の年から毎年、歴史の授業で学ぶよ

カナダの名無しさん
おそらく学校で習ったと思うけど、ホロコーストで400万人だったか600万人だかが亡くなったのはよく思い出せない

  カナダの名無しさん
  ドウヤッタラ1200万人ノ犠牲者ヲ忘レラレルンダヨ!





















  アメリカの名無しさん
  ユダヤ人以外も含めるなら、1200万人に届くかもしれない

  ドイツの名無しさん
  ユダヤ人以外で500万人も殺されたというのは、完全に捏造だ
  主流派の歴史家も、この数字は捏造だと認めている

  アメリカの名無しさん
  アホか
  19人のゴイムが死んだだけだ
  比べて朝鮮人は190億人も殺されたんだ


(o・ω・o)…

<オススメ記事>